How to provide

サービスの提供方法

SaaS型システムとマンツーマン・トレーニング

の2つの方法で提供しています

Scale Cloudとは?

概要

Scale CloudとはScale Modelという理論をより実践しやすく、簡単に実際の経営判断に取り入れられるように開発・設計された、SaaS型経営マネジメントシステムです。

機能

☑ ビジネスモデル分解機能

事業を因数分解することで、ビジネスモデルを定量的に分析することができます。

☑ 連動機能

分析により発見された多数のKPI/KLIについて、それぞれの因果関係を可視化することができます。

☑ 経営計画機能

KPI/KLIをベースとして精度の高い経営計画を立案できます。

☑ 分析機能

計画と実績が乖離した場合にKPI/KLIをベースとした詳細な原因分析ができます。

☑ 異常値可視化機能

KPI/KLIの実績が異常値であった場合にアラートすることができます。

☑ シミュレーション機能

想定される事業展開に応じて各種パターンをシミュレーションできます。

☑ モニタリング機能

KPI/KLIの重要度等に応じてモニタリング期間や責任者を設定できます。

☑ 権限設定機能

ユーザーまたは部門ごとに使用時の権限設定ができます。

☑ 重要度可視化機能

ビジネスモデルの構成要素であるKPI/KLIについて、重要度の高低を可視化することができます。

Scale Cloudの管理画面

マンツーマン・トレーニングとは?

概要

Scale Modelとはなにか?どのように経営判断に役立てていくのか?実際に自分の会社の事例をもちいて、具体的な数字に落とし込んでマンツーマンでトレーニングします。

特徴

1. マンツーマン

社長と講師のマンツーマンで気軽に質疑応答がしやすい環境で、一般的な事例ではなく貴社の具体的なケースをもとに一緒にScale Modelを考えるので非常に実効性が高くなります。

2. トップ・アプローチ

会社はトップ次第です。トップである社長が正しいScale Modelを学び、最大のキーマンである社長自身にレバレッジをかけることで会社全体の成長も加速します。

3. ロジカル

感情的なアプローチは一時的な効果で終わる可能性が高いですが、Scale Modelはロジカルなフレームワークであるため効果が持続的で再現性が高いです。

カリキュラム

1 概要

・稼ぐ力の必要性

・PL経営の危険性

​・Scale Modelの概要

2 計画フェーズ

・現状を把握する

・ゴールを決める

・現状とゴールのギャップを埋める

・マネジメントの優先順位をつける

・モニタリング期間を決める

​・責任者を決める

4 検証フェーズ

・実行フェーズの結果を検証する

・未達成要因を検討する

​・達成要因を検討する

5 調整フェーズ

・実行フェーズの調整

・計画フェーズの調整

6 拡張フェーズ

・ファイナンス領域への拡張

3 実行フェーズ

・短期計画に落とし込む

・目標達成アクションを考える

​・タスクに落とし込む

​・優先順位をつける

Trial

​無料デモンストレーションを実施しています。ご希望の方はお気軽にお問合せください。