検索
  • beonecollege

300万円儲かる施策より150万円儲かる施策の方がいい?!

最終更新: 2019年12月28日

あなたは、いま、

リード獲得するためにFacebook広告を出したとしましょう。


結果は、


インプレッション数 = 10万回

リード獲得数    = 2,000人(コンバージョン率:2%)


だったとします。


そこで、

次はさらに効果を上げるために、


1 インプレッション数を増やす

2 コンバージョン率を高める


の2つの選択肢があったとすると、

どちらを選びますか?


もちろんこれだけでは選べないですよね。

ほかにどんな情報があればロジカルに選べますか?


たとえば、


1 インプレッション数を増やす


を選ぶとしましょう。


インプレッション数を10万回から20万回にすることで、


① 同じコンバージョン率2%であればリード獲得数が2,000人増える

② ①の結果、客単価1,000円とすると売上が200万円増える

③ 一方で、インプレッション数が増えたことで広告料が20万円増える

④ 結果として180万円が儲かる


となるとします。

一方、


2 コンバージョン率を高める


を選ぶとしましょう。


コンバージョン率を2%から4%にすることで、


① 同じインプレッション数であればリード獲得数が2,000人増える

② ①の結果、客単価1,000円とすると売上が200万円増える

③ 一方で、インプレッション数が増えないので広告料は増えない

④ 結果として200万円が儲かる


となるとします。


この場合であれば、


2 コンバージョン率を高める


という選択肢を選んだほうがいいということになります。


もちろん実際にはこんな単純な話ではないですが、

なにかしら、売上を上げるための行動をすれば、

ほとんどの場合、それにともなって費用や投資がかかってきます。


広告料かもしれませんし、

人件費かもしれませんし、

システム投資かもしれません。


つまり、


■ 売上

■ 費用

■ 投資


と3つが複雑に絡み合っていて、

この3つの関係性を見極めながら経営判断する必要があります。


社長の稼ぐ力はどれくらい!?』で書いた、

【ROIC】の視点で考えると、


A案を取れば、

売上は200万円上がるが、

一方の費用は50万円かかってしまうし、

その前提として100万円の初期投資がかかってしまうので、

結果として、ROICは150%になる。

※100万円投資して150万円儲かるので、

 ROIC=(200万円-50万円)÷100万円=150%


B案を取れば、

売上は400万円上がるが、

一方の費用は100万円かかってしまうし、

その前提として300万円の初期投資がかかってしまうので、

結果として、ROICは100%になる。

※300万円投資して300万円儲かるので、

 ROIC=(400万円-100万円)÷300万円=100%


B案の方が儲けの金額は大きいけど、

A案の方がROICが高いので、

今回はA案を採用しよう、

といった具合です。


KPI(Key Performance Indicator)についても、

同じことが言えます。


ここでいう、

「インプレッション数」や「コンバージョン率」は、

売上に関するKPIですが、

売上に関するKPIだけでは不十分で、

費用に関するKPIや投資に関するKPI、

そしてその3つの視点のKPIの関係性をロジカルに紐解きながら、

経営判断をしていくことで、

結果として、

会社としての稼ぐ力【ROIC】が高まっていくはずです。


---

無料レポート『Amazonに学ぶ中小企業の成長戦略』のダウンロードはこちらから。

※無料レポート提供は終了しました。

---

10社限定で〈無料資金力診断〉を実施しています。詳しくはこちらから。

※無料資金力診断は終了しました。




74回の閲覧