検索

社長の稼ぐ力はどれくらい?

最終更新: 2019年12月28日


A社長 vs B社長


IT会社を経営するA社長と小売店を経営するB社長がいました。

ここに2億円があったとして、A社長とB社長がそれぞれ1億円ずつを事業に使ったとします。

そして、1年後、


A社長はその1億円を1.2億円に増やしました
B社長はその1億円を1.1億円に増やしました

さて、A社長とB社長、どちらが稼ぐことができたかというと当然A社長ですよね。

これがROICです。


A社長のROIC=(1.2億円-1億円)÷1億円×100=20%
B社長のROIC=(1.1億円-1億円)÷1億円×100=10%

ROIC=稼ぐ力


つまり、A社長は1億円を事業を通じて20%の利回りで運用し、B社長は10%の利回りで運用したということなので、A社長のほうが運用力、つまり事業を通じての「稼ぐ力」が高かったということです。


ROICを言葉で説明すると、


事業に投じた資金(1億円)がどれくらいのリターン(A社長2千万円/B社長1千万円)を生み出したかという投資効率をはかる指標

です。

仮にA社長は1億円しかなくて、B社長は3億円あったとすると、


A社長が1年間で稼げる額=1億円×20%=2千万円
B社長が1年間で稼げる額=3億円×10%=3千万円

となってB社長のほうが稼いだ「額」は多くなります。

しかし、みなさんの会社でも「事業に投じる資金」には限界があると思います。

裏を返せば、「事業に投じる資金を調達する(ファイナンス)」のに限界があるはずです。

とすれば、その「限りある資金」を事業に投じて「できるだけ多くのリターン(稼ぎ)」を得る方がいいですよね。

これが投資効率であり、ROICであり、稼ぐ力です。


ROICを計算してみよう


ROICを計算式にすると、


利益÷投下資本

です。

利益は一般的には「NOPAT(みなし税引後営業利益)」を使います。


NOPAT=営業利益×(1-実効税率)

です。

仮に営業利益が1億円ならば、


NOPAT=営業利益1億円×(1-実効税率32%)=6,800万円

となります。

一方の投下資本は(使うシチュエーションによって異なってきますが)、


投下資本=有利子負債+株主資本

で計算します。

仮に有利子負債(借入金や社債など)3億円、株主資本(≒純資産)1億円ならば、


投下資本=有利子負債3億円+株主資本1億円=4億円

となります。

そうすると、


ROIC=NOPAT6,800万円÷投下資本4億円=17%

となります。


みなさんの「稼ぐ力」はどれくらいありますか?


ちなみに、上場企業のROICは写真のとおりです(出典:日本経済新聞)。



上場企業は間接コストが大きく事業規模も大きいなどなどの理由でROICは小さくなりがちですが、ベンチャー企業はこれよりももっともっともっとROICは高くなるはず!です。

ぜひみなさんの「稼ぐ力」を計算して、「これら上場企業のROICの何倍ものROIC」になっているか見比べてみてください。


---

無料レポート『Amazonに学ぶ中小企業の成長戦略』のダウンロードはこちらから。

※無料レポート提供は終了いたしました。

---

10社限定で〈無料資金力診断〉を実施しています。詳しくはこちらから。

※無料資金力診断は終了いたしました。


444回の閲覧